8

ライブに必要なものは?

ライブは、アーティストが表現力を武器に、最もエキサイティングにファンを魅了できる方法です。デジタルダウンロードの時代だからこそ、ミュージシャンとして勝ち残っていくために不可欠なものでもあります。ライブの成功のために注意すべきポイントを紹介します。

サポートアクトの座を手に入れる

著名なアーティストやバンドのサポートアクトを務めることは、新しいオーディエンスの目に触れるだけでなく、ライブパフォーマンスのスキルを向上させることにもつながります。

サポートアクトとしてブッキングされるためには、いくつかの方法があります。

• 既存のネットワーク経由でアプローチする

• 著名なバンドに注目され、オープニングアクトとして選んでもらう

• 著名なバンドのマネージャーやブッキングエージェントに注目される

• 複数のバンドやアーティストが出演するイベントのオープニングアクトとして、プロモーターからオファーを受ける

駆け出しのときは、プロモーターからオファーを受けるのはなかなか難しいかもしれません。オープニングアクトとしてでもブッキングされるには、SNSの音楽関連のトピック内で話題になり、コンセプトが似た出演者の動きをチェックし、デモをネットなどでシェアするといった日々の努力に加え、ライブやイベントに出向いて、プロモーターなどの関係者とのネットワークを構築するといった活動も重要になります。

興味があるバンドのマネージャーとつながることができたら、楽曲のデモ、あなたに関連する記事やニュースを必ず送りましょう。新しい音楽やミュージックビデオ、メディアへの露出についても実績をアピールすることで、より関係者の興味を引くことができます。

バンドメンバーを見つける

いいライブをするためには、すばらしいバンドメンバーが不可欠です。今日では、様々なタイプのミュージシャンが、主にSNSやWEBを介して、コラボレーションする機会を求めている傾向にあります。

あなたの周りで一緒に演奏できるミュージシャンやバンドを見つける方法として、6つの例を紹介します。

近しい人からも、SNSからも探し出す

まず身の回りの人にあたってみると、意外とふさわしい人を紹介してくれる機会に恵まれたりもします。それに加えて、SNSで幅広く探すことを同時並行で行いましょう。たとえば、Facebookの投稿は平均で数百回の閲覧数があるとも言われています。

オープンマイクに出向く

オープンマイクに出向き、近所に住む才能あるミュージシャンと出会うこともできます。あなた自身が演奏する必要はありませんが、演奏をよく聴き、出演者や観客と交流することで、将来のバンドメンバーや、あなたに興味を持ってくれるミュージシャンをつないでくれる人が見つかるかもしれません。

コミュニティフォーラムや掲示板に投稿する

Craigslistのようなオンラインコミュニティフォーラムでもバンドメンバーを見つけることができます。イギリスではGumtreeなど、ミュージシャンやバンド専用のカテゴリを設けているサービスもあります。

Musolistは最も長く続いているオンライン広告の1つであり、世界中に何十万人ものユーザーのコミュニティがあります。

Bandmixは、米国、カナダ、英国、アイルランド、フランス、ドイツ、スペイン、オーストラリアにおける、ミュージシャン向けの最大級のオンライン掲示板のひとつです。

あなたがお住まいの地域において最適なフォーラムや掲示板は、検索をすればすぐに見つかるでしょう。

怪しい人しかいないのでは・・・と思われるかもしれませんが、人気の米フォーク/ロックバンドであるLumineersは、Jeremiah FraitesとWesley ShultzのCriagslistへの投稿からチェリストのNeyla Pekarekと出会い、その後の成功を収めたという事例もあります。

ミートアップ(交流会)に参加する

たとえばmeetup.comは、ミュージシャンを含む同じような興味を持つ人々とつながるために活用されています。meetupグループのカテゴリーは無数にあり、世界中のどこかで毎日ミートアップが開催されています。

あなたがお住まいの地域にマッチしたアプリもあるでしょう

無料かつミュージシャン同士のネットワークづくりに特化したアプリとしては、Flint、Vampr、bandmateなどが代表的なものとして挙げられます。そのうちのほとんどが、メッセージのやり取りを開始する際にお互いの同意が必要です。自らにタグを付けたり、様々な音楽関係のカテゴリーでのユーザー検索などが可能なアプリもあります。

音楽関連のお店やリハーサルスタジオにメンバー募集を貼る

オンラインだけでなく、地元の音楽関連のお店やリハーサルスタジオにメンバー募集広告を貼らせてもらいましょう。書く内容はなるべく短く、明確にし、良い才能をひきつけるようにしましょう。あなたの音楽スタイルや、好みの音楽ジャンル、好きなバンド名なども記載し、より相性のいい人の興味をひくようにしましょう。

グッズの作成

グッズはあなたの音楽やライブ同様、自身をアピールするためにとても重要なものです。Tシャツからサイン入りドラムスティックの販売まで、アーティストとして非常に大事な収入源です。

コストと相談しよう

グッズのラインナップを決めるにあたり、コストと向き合う必要があります。

  • 何を作るか
  • 最低ロット数
  • デザインの細かさと色合い

あなたのファンが「欲しい!」と思うものを作ることに妥協してはいけません。過剰なコストをかける必要はありませんが、安っぽく作ることだけは避けましょう。1回洗濯したらプリントが剥げてしまうようなTシャツであれば、作らないほうが良いでしょう。

グッズに使えるアートワークがない場合、デザイナーにギャラを払って依頼するか、スキルの高い知人に制作してもらう必要があると思います。プリント業者やメーカーが定めた形式のファイルを用意できるように依頼しましょう。

プロモーションのノウハウについては「よくある質問」の該当セクションをご覧ください。

グッズの製造先を探す

定評のあるプリント業者やメーカーを見つけるには、ミュージシャン間のネットワークを活用しましょう。他のバンドのグッズを良いなと思ったら、そのメンバーにどこで作ったのかを聞くのも手です。SNSでの口コミを参考にするのも良いでしょう。

ファンと交流する

ライブでファンを魅了したら、すぐに物販コーナーへ行き交流を持ちましょう。ファンにとって、アーティストと直接会うことは大きな喜びです。

もっと詳しく知りたいですか?

Spinnupブログ、またはSpinnupの無料ダウンロード資料のいずれかから、ライブ活動に関するノウハウが詰まった情報をご覧ください。