Tips

SNSを使ってもっとファンと距離を近づけよう

ストリーミングでの再生回数を伸ばしファンを増やしていくためにはSNSが重要であるというお話はこのブログの「Spinnup的SNS活用方法 SNSでファンに聞いてもらう」でも触れていますが、日本のマーケットに照準をおき、もう少し具体的になぜ重要なのかを見ていきましょう。

再生回数を上げるには
• 多くの人に聴いてもらう
• 何度も聴いてもらう

この2点に尽きます。

たとえばの話をしますね。

• 10,000人の人が1回聴いてくれて1万回再生
• 10人の人が1000回聴いてくれて1万回再生

どちらも同じ1万回再生です。でも理想は

10,000人の人が1000回聴いてくれて1000万回再生

ですよね。

では逆算してみましょう。1人の人が1000回聴いてくれるって実際どのような感じでしょう?
その人のライフスタイルの中にどれだけ「聴く行為」が組み込まれている感じでしょう?

イメージ的には毎日3回は聴いてくれて、それが一年間続いて1000回到達。
そんな感じですかね。

ではその1年間、毎日3回継続した熱量を持ってもらって聞いてもらうには何が必要でしょう?
答えは「アーティストとファンとの継続的なエンゲージメント」です。

そしてエンゲージメントの最も最適(手軽)な手段はSNSです。

アーティストの皆さんの楽曲が素晴らしければファンは毎日聴いてくれるはずです。
でも、配信日に「配信されたのでぜひ聴いてください!」の投稿だけより、継続的にアーティストから投稿があるほうが毎日聴いてくれる確度は上がるはず。ではどのような投稿があるでしょう?

確度を上げてあなたのクリエイティブの良さを”補完”するため、そして多くの人に「知ってもらう」そして何度も何度も聴いてくれるように「愛してもらう」ためにSNSを活用していきましょう。

配信されたことを投稿

まずは配信されたときに必ずSNS各サービスで投稿しましょう。
Linkfire のような配信サービスごとのリンクをまとめるサービスも活用しましょう。

また聴いてもらった後どうしてほしいのかも伝えましょう。
• 聴いてもらって毎日聞いてほしいのか
• 聴いてもらってお気に入りしてほしいのか
• 聴いてもらってプレオーダーの登録、プレセーブしてほしいのか

Da-iCEのような投稿はわかりやすいですね。

当然ですが、きちんとアーティスト自身の自分のアカウントで投稿することも重要です。

絵文字も活用してどの曲がはいっているのかわかりやすく投稿しましょう。

リリース前の告知投稿も必ず何かに遷移を

配信日の投稿も重要ですが、配信日の前の予告投稿も重要です。
でも「○○日に新曲配信します!楽しみにしておいてください」

これも先程と同じです。聴いてもらった後どうしてほしいのかも伝えましょう。
• 配信日を知ってもらってそれまで過去曲を聴いて予習してほしいのか
• 配信日を知ってもらってプレセーブしてほしいのか

配信日までは過去曲を予習として聴いてもらいましょう。意外に皆さんやらないのですが重要です。

配信サービスプラットフォーム別で個別に投稿

あなたのファンはどの配信サービスで音楽を聴いていますか?
ファンがよく聴くサービスをTwitterで投票してもらってもよいでしょうし、SPINNUPダッシュボードから分析して調べても良いでしょう。
そして必ずサービスごとの遷移先リンクでも投稿しましょう。

各サービスでのプレイリストに入っているのであればそこから聴いて知ってもらうのも良いですね。

また各サービスでのランキング状況を連結ツイートでつなげるのも素晴らしいですね。

ファンと喜びを共有

配信されたあともエンゲージメントし続けましょう。
○回再生突破したのであればそれは、あなたとファンの2者がなし得た結果です。
ファンと一緒に喜びを共有しましょう。

他プラットフォームのランキングに入ったのであればそれも重要です。
ランキングの喜びを共に共有し、また聴いてもらいましょう。

プレイリストを作って投稿

配信されてしばらく期間が空いたとしても、あなた自身がプレイリストを作って、そのプレイリストを経由して聴いてもらうこともできますね。
堀込さんのように他の曲を聞いてもらいつつ、改めてKIRINJIの楽曲の素晴らしさに気づいてもらえるなんて素敵ですよね。

季節ごとに聴いてくれる曲があれば、毎年聞いてもらう事をファンに定着化させてストリーム数を上げていくこともできますね。春夏秋冬それぞれにあった曲があるアーティストはストリーミングでも強いです。
松任谷由実さんの春の歌プレイリスト、聞かない理由が見当たりません。

ファンと接点をもつ瞬間を有効に

一旦リリースから落ち着いた後でも、ライブ出演、ライブ映像公開、そして過去のライブ映像公開、この全てがまた聴いてもらうこのと出来るエンゲージメントチャンスです。
2018年の過去のライブ映像を公開したAlexandrosは直後にセットリストプレイリストを公開し、続きストリーミングで聴いてもらうことを促しています。

音楽を聞いてもらう人を増やす

あなたのアーティスト活動が多岐に渡り、他のアーティストへの楽曲提供もされているのであれば、それも投稿しましょう。提供しているアーティストのファンが自分のファンになってくれるかもしれません。ストリーミングで音楽を聞いてもらう人を増やすことで、あなたにも必ず帰ってきます。

毎日聞いてもらおう

そして最も大切なこと。これをアーティストの口から伝えましょう。
「毎日聞いてください」とファンに伝えましょう。
あなたの作品なのですから。声を大にして「毎日聞いてください」と言えばよいのです。

さらなるエンゲージメントを獲得するには

配信から日が経過しても、ファンとエンゲージすることは可能です。
サーフェシズはこれまでのアルバムアートワークに一貫性をもたせているのが特徴ですが、それを参考にして自分たちで作るプレイリストのカバーアートをファンに募集しています。
ストリーミングプラットフォームの戻ってきてもらうことが以下に重要かを示していると思います。

今回ご紹介したのは一部ですが、どうやって自分のファンに「愛してもらう」か。
つまり毎日毎日何度も聞いてもらうところに持っていくかが非常に重要です。
すべての瞬間がエンゲージメントポイントになるのは音楽アーティストならではの特徴ですしね。
ぜひ活用しましょう。